[PR]

 第90回記念選抜高校野球大会第4日の26日、第2試合に登場した21世紀枠の伊万里(いまり、佐賀)にはサングラスをかけた選手がいる。捕手の梶山勇人君(3年)。右目の病気で紫外線を浴びすぎると視力が落ちる恐れがあり、許可を得てサングラス姿でプレーしている。

 小学3年の時、母親が右の黒目部分が少しへこんでいるのに気付いた。本人の見え方に変化はなかったが、「翼状片(よくじょうへん)」と診断された。結膜の病気で白目の表面を覆う半透明の膜が、鼻側から黒目の方を頂点に翼のように三角形に伸びてくる。紫外線やホコリによって発症するとされている。

 さほど深刻には考えず、1年ほど様子を見ていた。しかし、夏場の練習が終わったあと、目がゴロゴロして違和感があった。右目に目やにがたまっていた。母親に説得され、小5の時にサングラスをかけ始めた。学校では窓側の席にならないように配慮してもらった。

 ただ、周りの目が気になった。わんぱくな同級生からは「なにを格好つけてるんだ」「調子に乗るな」と絡まれた。病気のことを説明しても、何度も悪口を言われて恥ずかしかった。

 気持ちが変わったのは中学1年になってから。自ら病気のことを調べ、放置すれば最悪の場合、失明の恐れがあることを知った。「うまく付き合っていくしかない」

 幸い、視力は2・0を保っていて、プレーに支障はない。サングラスをかけるのは紫外線が気になる日中だけだが、「サングラス姿を見て病気のことを知って欲しいし、同じ病気の人に勇気を与えられれば」と語る。

 チームの主砲でもある。強豪の大阪桐蔭を相手に「チャンスを逃さず勝つ気で向かう」とサングラス越しに真剣なまなざしを向ける。五、九回には安打を放ち、躍動した。(上山崎雅泰)

こんなニュースも