[PR]

(24日、フィギュアスケート・世界選手権男子フリー)

 宇野昌磨はフィニッシュでよろめいた。痛みと来年大会の出場枠確保の重圧に耐えて2位。「僕なりに滑りきった。諦めずにやった」。演技後に観客にあいさつする時、ほおがぬれていた。

 大会前に右足甲を痛め、負担がかかる最初の4回転ループと4回転フリップで転倒。中盤の4回転トーループで尻餅をついた。

 「練習でも決まっていなかったから」と開き直る。焦ってもおかしくない終盤、4回転トーループとトリプルアクセル(3回転半)からの連続ジャンプを決めた。その後に滑った4人中3人がミスを重ね、結果がついてきた。

 宇野には全ての技の安定につな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも