[PR]

 安倍晋三首相(自民党総裁)は25日、東京都内で開かれた党大会で、森友学園をめぐる財務省の文書改ざん問題について「大変ご心配をおかけし、申し訳ない思いだ。国民の行政への信頼を揺るがす事態となり、行政の長として責任を痛感している」と謝罪した。

 首相はあいさつの冒頭、改ざん問題に言及し、「行政全般の最終的な責任は内閣総理大臣である私にある。なぜ、このようなことが起こったのか。徹底的に明らかにし、全容を解明する」と述べ、頭を下げた。

 あいさつの最後には、悲願とする憲法改正への意欲を強調。「いよいよ、結党以来の課題である憲法改正に取り組む時が来た。4項目について、議論を重ねて来た。9条も改正案をとりまとめて参る」と述べた。

 その上で「いまだに多くの憲法…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも