[PR]

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手(31)は25日、出身地の茅野市をパレードし、その後、メダル獲得の報告会に出席した。小平選手は応援してくれた市民へ感謝の言葉を述べたり、子どもたちから寄せられた質問に答えたりするなど、会は終始和やかな雰囲気で進んだ。

 報告会は後援会が茅野市民会館で開催し、市民約750人が集まった。小平選手が会場に姿を現すと、割れんばかりの大きな拍手が会場に響いた。

 母校の豊平小学校スケートクラブの子どもたちから花束を受け取った小平選手は「みなさん、ただいま帰りました」とあいさつ。平昌での3レースを振り返り、「学校の先生や地元の指導者に育てられて……。ちょっと時間はかかりましたけど、ここまで来られて本当によかったなと思います」と語り、最後は、込み上げる思いに、少し言葉を詰まらせた。

 後援会長の柳平千代一・茅野市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら