[PR]

 千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が遺体で見つかって1年となる26日、父親のレェ・アイン・ハオさん(35)が、リンさんが見つかった千葉県我孫子市の排水路わきの草むらを訪れた。

 午前10時前、ハオさんは菓子パンやイチゴが供えられた祠(ほこら)に線香をあげ、リンさんが好きだったピンクの花を手向けた。ほほえむ娘の遺影をじっと見つめ、手を合わせた。

 事件では、保護者会長だった渋谷恭正(やすまさ)被告(46)が殺人や死体遺棄などの罪で起訴された。初公判は6月4日に開かれる。

 ハオさんは「1年はとても長かった。被告は(裁判で)やったことを証言して欲しい」と訴えた。(寺沢知海)