[PR]

 26日午前5時ごろ、福岡県小竹町の国道200号で、トレーラーと軽乗用車が衝突した。事故のはずみでトレーラーが国道から滑り落ち、JR筑豊線の敷地内の信号機にあたって止まった。

 直方署によると、軽乗用車を運転していた北九州市八幡西区の会社員女性(20)が足の骨を折るなどの重傷を負った。トレーラーを運転していた福岡県宮若市の男性(60)にけがはなかった。

 JR九州によると、事故の影響で筑豊線は直方―新飯塚間で上下線とも運転を見合わせた。65本が運休、13本が最大約5時間遅れ、約2万人に影響が出た。