セーラー服発祥を「争わないで」 名古屋新説に福岡は…

有料会員記事

日高奈緒
[PR]

 学生服の定番、セーラー服を日本一早く採用したのは? 通説では京都や福岡の学校とされているが、「発祥は名古屋」という新説が発表され、話題になっている。

 セーラー服は英国で水兵服として使われ、19世紀に子どもや女子生徒の間で流行した。日本では大正時代以降、女学校の制服がはかまから洋服に変わっていく中で採用され始めたとされている。

 「発祥の学校」について、「帝国日本の大礼服」などの著書がある日本大学の刑部(おさかべ)芳則准教授(日本近代史)が論文にまとめた。3月末、日大商学部の学術雑誌「総合文化研究」に掲載された。

 「ミッション系高等女学校の…

この記事は有料会員記事です。残り865文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら