[PR]

 日本相撲協会の評議員会が26日、東京・国技館で開かれ、評議員に再任された現在議長の池坊保子氏(元文部科学副大臣)は、「来期は別の方になっていただくのがいい」と、5月に議長を退く意向を示した。

 池坊氏は昨年の元横綱日馬富士による傷害事件を巡り、貴乃花親方(元横綱)の言動について「(協会執行部への)礼を欠いている」と非難。その発言がインターネット上などで批判され、「この2カ月、嫌がらせもあった」という。

 また、春場所中に暴力事件が起きたことなどを踏まえ、「暴力根絶に向け、危機感を全ての親方、力士に持ってもらいたい」と話した。

こんなニュースも