[PR]

 本当は静止した画像なのに、動いたり、回転したりするように見える「錯視」という現象。人工知能(AI)でもヒトと同じように起きることを、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)や立命館大学(京都市)などの研究グループが発表した。基生研の渡辺英治准教授(動物心理学)は「AIも誤ることがあり、リスク管理をする必要がある」と指摘する。

 研究結果は科学誌「フロンティアズ・イン・サイコロジー」に掲載された。

 錯視は、これまでの経験から脳が学習し、次に見えるものを予測するために起きるという説がある。研究グループは、AI自らが経験を積んで知識を蓄えるディープラーニング(深層学習)という手法を使い、錯視が起きるかどうかを検証した。

 まず、ヒトの視覚情報を学ばせ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら