[PR]

 26日午後4時40分ごろ、岐阜県大垣市上石津町乙坂の名神高速道路上り線で、大型観光バスにトラックが追突。県警高速隊や不破消防組合によると、トラックの男性運転手が死亡。観光バスの乗員・乗客計38人全員がけがをしたという。押し出されたバスが渋滞のために前方に止まっていた大型トラックに追突し、男性運転手がけがをした。

 現場は片側2車線。この事故の影響で同日午後6時半現在、名神高速道路上り線の関ケ原インターチェンジ(IC)―養老ジャンクション(JCT)が通行止めになっている。

 観光バスには社員旅行の客36人と運転手とバスガイドが乗っていたという。バスのけが人はいずれも意識はあるという。