[PR]

 自動車の自動運転の安全性を確保するため、政府が車が満たすべき基準を示すガイドラインを今夏までに制定することになった。走行記録装置の設置義務づけや刑事責任のあり方も併せて検討していく。公共バスなどの無人運転では、遠隔操作する人に交通ルールの順守を課す方向だ。

 政府が2020年ごろまでの実用化に向けた指針を示す「自動運転に係る制度整備大綱」案の概要で明らかになった。大綱はIT総合戦略本部(本部長・安倍晋三首相)で決定し、必要な法整備につなげる。

 ガイドラインでは、自動運転の…

この記事は有料会員記事です。残り207文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。