[PR]

 「春の献血感謝祭」が24日、秋田市の秋田県赤十字血液センターで行われ、親子連れらでにぎわった。AKB48・チーム8(エイト)の秋田代表で、「献血推進ガール」の谷川聖(ひじり)さん(17)が、献血に関心が薄いとされる若者らに協力を呼びかけた。

 献血者らへの感謝を込めたイベント。ステージに立った谷川さんは、県内外から駆けつけたファンを前に「献血推進ガールとして、だれかのきっかけになれるような役割を果たしていきたい」と話した。

 同センターによると、県内の献血者数は2016年度に約4万1千人。5年間で約1万人以上減り、10~30代の若者の減少が目立っている。潟上市から来た菅原美智子さん(36)は毎年献血をするといい、「始めはプレゼントが目当てでもいいから、まずは関心をもってほしい」と話した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(金井信義)