[PR]

 ジャーナリストの青木理氏(51)が27日、佐川宣寿・前財務省理財局長の証人喚問が行われた参院予算委員会のテレビ中継を国会記者会館で見た。これまでテレビなどで森友学園問題を取り上げてきた青木氏はどう見たのか。

 証人喚問は金子原二郎・予算委員長の質問から始まった。決裁文書の改ざんを知っていたか問われると、佐川氏は「刑事訴追を受けるおそれがあるので、答弁を差し控えたい」と証言を拒んだ。

 「ひょっとしたら真相を語るのではと、かすかな期待を持っていたが、この一言であきらめた」

 自民党の丸川珠代氏は、「指示はありませんでしたね」と安倍晋三首相や妻昭恵氏らが改ざんを指示したのか、一つずつ確認。佐川氏は全て否定した。「総理、総理夫人、官邸の関与はなかったという証言を得られた」。丸川氏が30分の質疑をこう締めくくると、野党席からヤジが飛んだ。

 とはいえ、改ざん前の決裁文書…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら