[PR]

 東日本大震災で被災し、運行が止まったままだった岩手県沿岸のJR山田線(宮古―釜石駅間、55・4キロ)が2019年3月23日から運転を再開する。JR東日本が18年度中に鉄路や駅舎を復旧。三陸鉄道(同県宮古市)に経営が移管され、「リアス線」として列車が走ることになる。

 三陸鉄道は岩手県や沿線市町村が設立した第三セクターの鉄道会社。28日の取締役会で再開の日程が決まった。来年3月に開業するリアス線は、JR山田線の北側にある三陸鉄道の北リアス線と南側にある南リアス線を結び、北の久慈駅から南の盛駅まで163キロとなる。

 北リアス線は震災の2年後に放送が始まったNHKの朝の連続ドラマ「あまちゃん」のロケ地として話題を呼んだ。(大久保泰)