[PR]

 将棋の公式戦で「負ければ引退、勝てば順位戦に復帰して現役続行」という、その後の人生をかけた大勝負が27日、東京・将棋会館で行われた。

 運命の一局に臨んだのは2月末に「420手」に及ぶ激闘を繰り広げて話題になった中尾敏之五段(43)。10年前に名人挑戦権を争う順位戦から「フリークラス」に降級した。この日行われた第44期棋王戦(共同通信社主催)の予選4回戦で青嶋未来五段(23)に勝てば、昇級規定を満たして順位戦に復帰できた。だが、敗れたことで今年度での引退が決まった。持ち時間の4時間を使い切り、あと一歩まで追い詰めた局面もあったが、力尽きた。

 中尾五段は98年に23歳でプロ入り。順位戦にはC級2組に9年在籍したが成績が振るわず降級。降級者は規定の成績を挙げて10年以内に順位戦に復帰できないと引退となる。中尾五段は引退がかかる今年度は好調で、朝日杯将棋オープン戦の1次予選を4連勝で勝ち抜き、2次予選ではA級棋士の佐藤康光九段(48)を破るなど、勝ち星を重ねた。昇級条件の一つに「年間『参加棋戦数+8』勝以上の成績を挙げ、なおかつ勝率6割以上」があり、10棋戦に出場して17勝10敗の中尾五段は昇級まであと1勝と迫っていた。

 2月末には劣勢の将棋を粘って引き分けに持ち込み「420手」という最長記録を作った。指し直しで敗れたものの、「負けたら昇級の可能性はなくなる」と思い、現役続行への執念を見せていた。

 勝っていれば順位戦の最低在籍期間を含め13年以上は公式戦に出場できた。

 対局を終えた中尾五段は「残念でしたが、精いっぱいやった結果なので悔いはない。青嶋さんは強かったですね」と話した。

 この1年については「恥ずかしい話ですが、これまで年間で勝ち越したことがなくて、今年度は勝ち越して終われればいいなと、それを目標にやってきた」と振り返る。昨年12月末の時点で13勝7敗となり、残りの対局数の関係で勝ち越せることが分かり、目標を昇級に切り替えた。

 この時はあと5勝で「現実感がなかった」というが、1月に2勝を挙げ、あと3勝となった時点で「プレッシャーや緊張感が一気に来た」。「内容がひどかった」という2月の対局は1勝3敗に終わった。ところが3月22日の棋王戦予選3回戦で勝つと、4回戦の対局が27日に組まれ、最後のチャンスが回ってきた。

 ただプレッシャーはなかったという。「引退となったら『人生終わり』みたいな感覚でいたんですけど、次の仕事のことを考えていろいろ調べるうちに知らないことを学べる楽しさが分かった。精いっぱいやった上なら引退しても、それはそれで人生なのかなと。もちろん勝ったらうれしいですけど、負けてもまた新たな分野に行けばいいという気持ちになった」と話す。

 来年度の棋戦には参加できず、現在残っている対局で敗れた時点で正式に引退となる。引退後は将棋から離れた仕事をするつもりだという。「ハンディがあるのは分かっていますけど、知らないことを知るのは楽しい。努力していきたい」と話した。(村上耕司)