[PR]

小沢一郎・自由党代表(発言録)

 (衆参の予算委員会で証人喚問を受けた佐川宣寿・前財務省理財局長は)もう肝心なことはしゃべらないという前提で来ているんだろう。彼が「知らぬ存ぜぬ」と言う以上、佐川氏の前の(迫田英典・元理財)局長、あるいは昭恵氏がだめなら(夫人付政府職員だった)谷(査恵子)さん、もちろん昭恵さんも野党が一致して(証人)喚問を要求すべきだ。

 安倍首相は9月が(自民党の)総裁任期。その前に(自民が)総裁をおろすようなことは事実上あり得ない。ただ、森友問題に象徴されるような安倍さんのやり方については非常に不満が高まっているのではないかと思うし、党内からいろいろな動きが出てくるのは「安倍さんも、もうそろそろ終わりだ」と見始めたということではないか。

 (野党の追及について)これは去年から始まったこと。1年もあったわけだから、事実関係を野党がもう少し徹底して調査しようと思えばできたはずだ。過ぎたことを言っても仕方ないが、今日の証人喚問では事実解明ができず、と。ですから、野党が結束して、さっき言った人たちの証人喚問を足並みそろえて要求していくことだ。(記者会見で)

こんなニュースも