[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)など国際スポーツイベントの試合会場がある調布市が、海外に魅力を発信し、外国人客の訪問につなげようとPR動画をつくった。外国人モデルが見どころを訪ねるほか、ゲゲゲの鬼太郎の作者で名誉市民だった水木しげるさんの妻、武良布枝さんも登場、「調布は水木マンガの雰囲気いっぱい」と紹介する。

 調布市では来年秋に東京スタジアム(味の素スタジアム)でW杯、2020年には武蔵野の森総合スポーツプラザで東京五輪・パラリンピックが開かれる。

 動画は3年がかりで制作した。まず市国際交流協会などに協力してもらい、市内在住や大学などに通う外国人100人にアンケートを実施。「調布市のお気に入りスポット」「体験したい日本文化」「勧めたい料理や店」などを尋ねた。それぞれ「深大寺」「着物や浴衣の着付け」「すし」などが1位に選ばれた。

 結果をもとに撮影箇所を決定。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース