[PR]

 名古屋市教育委員会は28日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で2月に書類送検された市立守山養護学校の男性常勤講師(29)=愛知県春日井市=を停職3日の懲戒処分にし、発表した。講師は同日付で依願退職した。市教委の規定では停職6カ月相当だが、講師は30日で任用期間が満了するため、3日間としたという。

 市教委によると、講師は昨年8月、ツイッターで知り合った岐阜県内の女子高校生(当時16)に裸の写真を撮影させ、自身の携帯電話に送信させた疑い。2月19日に岐阜県警に書類送検された。市教委の調べに容疑を認めているという。