[PR]

 英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は28日、「世界大学ランキング日本版2018」を発表した。総合点は京都大と東京大が同点1位で、学生に対する教員の比率などが高い国立大が上位に並んだ。「教育充実度」と「国際性」では、公立の国際教養大(秋田市)がトップだった。

 THEが実施している世界ランキングの指標は研究力が30%を占め、日本の大学が評価されにくいため、日本版ランキングは昨年からベネッセと提携して作成している。学生1人あたりに投入されている資金や高校教員や企業の人事担当者からの評価、国際性などが評価対象となっている。

 記者会見したTHEのデータ・解析ディレクターのダンカン・ロス氏は「『世界ランキングは、大学の幅広い活動を評価していない』と批判を受けてきた」と話し、「日本版のように、教育力を重視するランキングを欧州にも広げたい」と語った。

 日本版のデータは、国立75、公立48、私立230の大学から提供された。(杉原里美)

◆世界大学ランキング日本版2018で上位の大学

①京都大(3)     87.7 

①東京大(1)     87.7 

③東北大(2)     86.3 

④東京工業大(4)   85.6 

⑤九州大(7)     85.0 

⑥北海道大(8)    83.4 

⑦名古屋大(4)    82.6 

⑧大阪大(6)     81.1 

⑨筑波大(9)     80.8 

⑩慶応義塾大(11)   77.7 

⑪早稲田大(10)    77.5 

⑫国際教養大(20)   76.1 

⑬広島大(12)     75.7 

⑭一橋大(14)     75.2 

⑮上智大(18)     73.1 

⑯国際基督教大(15)  71.4 

⑰東京外国語大(27)  71.0 

⑱神戸大(13)     70.7 

⑲千葉大(16)     70.5 

⑳金沢大(19)     69.8 

数値は各大学の評価を表す「総合点」(100点満点)。()内は2017年順位