[PR]

 日本さくら名所100選にも選ばれている大分県竹田市の「岡城跡」で桜が見ごろを迎えた。来月1日には岡城桜まつりが予定されている。

 市商工観光課によると、国指定史跡の岡城跡には約450本の桜がある。観覧券発売所職員によると、今年の桜は19日ごろにしだれが咲き始め、最近の暖かさで一気に開花が進んだ。今は薄ピンクのソメイヨシノ、ピンクが濃い陽光桜がほぼ満開となっている。

 70回目を迎えた岡城桜まつりは、今年も大名行列や甲冑(かっちゅう)武者行列などがある。行列は城内を出発し、城下町の殿町武家屋敷通りなどを練り歩く。武者が馬でメインストリートを駆け抜ける「騎馬武者早駆け」や、熊本・肥後熊本藩葦北鉄砲隊による火縄銃、大筒の演武もある。

 市商工観光課は「昨年は花が遅かったが、今年は桜の花の中を行く勇壮な時代絵巻を堪能してもらえそう」と喜んでいる。問い合わせは市観光ツーリズム協会(0974・63・0585)。(矢鳴秀樹)

こんなニュースも