[PR]

 タカラジェンヌへの登竜門、宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で29日、106期生の合格発表があった。海外からも含め965人が受験。うち40人が競争率24・1倍の難関を突破した。

 午前10時、校舎の壁に合格者の番号が掲示されると、受験生や保護者らから歓声が上がった。

 3回目の受験で合格した大阪市中央区の高校2年、梁川彩未果(やながわあみか)さん(17)は「小学4年の時に宝塚歌劇を初めて見て、華やかな舞台に憧れた。大人っぽいと言われる歌声を生かし、きれいで清楚(せいそ)な娘役になりたい」と話した。

 入学式は4月17日。2年間、ダンスや声楽のレッスンに励み、憧れの宝塚歌劇団の舞台に立つ。(鈴木裕)