[PR]

 2年連続日本一を狙うプロ野球ソフトバンクの船出を、五輪女王が華やかに飾った。2月の平昌冬季五輪スピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(31=相沢病院)が30日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク―オリックスの開幕戦の始球式に登板した。

 名前の「NAO」と、「1」の背番号をつけたホークスのユニホームで登場した。投球前には、マウンド上でスピードスケートのスタートの構えを披露。投球は一塁側方向に大きくそれる大暴投となったが、偶然にも見守った孫正義オーナーの足元に転がり、そのまま笑顔で孫オーナーがキャッチした。

 試合前には、同じ名前が「なお」の東浜巨投手の指導を受けた。小平選手は「普段見慣れない大観衆でお客さんがたくさんいて緊張しました。普段やっていない競技で練習量が足りないので、良い投球ができなかったので、またどこかでもういっちょ、チャンスがあれば呼んで頂ければ」と笑顔で振り返った。孫オーナーにキャッチしてもらったことについては「貴重です」と笑顔で話した。

 小平は、36秒94の五輪新記録で500メートルを制し、スピードスケート日本女子として初の金メダルに輝いた。日本選手団の主将も務め、同1000メートルでも銀メダルを獲得し、日本中をわかせた。球団は「再び頂点を目指すホークスにとっても適任」と、始球式を打診した。小平を指導する結城匡啓コーチと工藤公康監督が知り合いだった縁もあり、実現したという。

 氷上でコンマ何秒を競うのが本職だが、実は、小平は強肩の持ち主でもある。本人によると、子どもの頃にソフトボール投げで出身地の長野県で3位に入り、高校では陸上のやり投げに誘われたという。「(高校の)隣のグラウンドからソフトボールが飛んできて、ボールを返したら、その(強い)球を見た陸上部の先生が『やり投げをやってみないか』って。肩は強いけど、コントロールが問題です」と話していた。

 福岡を訪れるのは初めてという。「プロ野球は初観戦がマウンドです。チームスポーツが地域に根付いていて地元を盛り上げている。その雰囲気を感じてきたい」とも意気込んでいたが、残念ながら強肩ぶりを披露することはできなかった。最後にこう抱負を語った。「ホークスさんの今年のテーマが『もう1頂』。私も連覇を重ねているが、一から頂点を目指すつもりで頑張りたい」

    ◇

 余談だが、小平と私は信州大で同学年だった。教育学部で教員免許をとり、スケートと学業を両立させて当時から有名だった小平に対し、私は経済学部の一学生。直接面識はなかったものの、その活躍を伝え聞いていた。地道な努力で世界の頂点まで上り詰めた同窓の一ファンとして、今後の活躍に期待したい。(甲斐弘史)