[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と中国の習近平(シーチンピン)国家主席との会談をめぐって、米ホワイトハウスのサンダース報道官は28日(米国時間)の記者会見で、「我々は注意深くではあるけれども楽観的に見ており、物事は正しい方向に進んでいると感じている」と述べ、北朝鮮の非核化に向けた動きとして評価した。

 ただし、サンダース氏は「最大限の圧力」の重要性を指摘。北朝鮮の金委員長が指導者になって初めて外遊に臨んで会談を行った事実を指摘したうえで、「我々は『最大限の圧力』が引き続き効果を上げていることを示す前向きなサインだと考えている」と述べた。

 サンダース氏によると、中国から今回の首脳会談開催の連絡が米側に入ったのは27日。中国の駐米大使がホワイトハウスを訪問して、国家安全保障チームに説明。その後にチームのメンバーからトランプ大統領に説明があったという。

 一方、5月末までの実現を目指…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも