[PR]

 米国であったテニスのBNPパリバ・オープンのシングルスでツアー大会を初優勝した大坂なおみ選手(20)。「大阪出身」であることは知られるが、北海道にゆかりのあることはあまり知られていない。実は祖父が根室漁協の大坂鉄夫組合長(73)だ。ツアー大会初制覇を受け、大坂組合長が29日、根室市で記者会見し、孫へエールを送った。

 なおみ選手は1997年10月、ハイチ出身の父と大坂組合長の長女・環(たまき)さん(47)との間に、大阪市で生まれた。3歳で米ニューヨークへ移住し、父の教えのもと競技を始めた。16歳からは米フロリダ州のテニスアカデミーで学んだ。

 根室市と米国という遠距離。大坂組合長は「小さいころから一緒にいたわけではないので(心の)距離も少しあるんじゃないかな」と話す。ただ、なおみ選手が日本に戻るたびに、大会の応援に駆けつけたり、すしや焼き肉をごちそうしたり。3年ほど前には「有名な選手はみんなピアスをしているから、じいさんが買ってやる」と言って、東京でピアスを買い与えた。なおみ選手の日本の住所は、札幌市にある大坂組合長の別宅。最近は昨年11月に都内で会ったという。

 ツアー大会初制覇後には電話で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら