【動画】「ぷっちょ」などで有名なUHA味覚糖のお菓子工場=小滝ちひろ撮影
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 甘いばかりがお菓子じゃない。香りあってこそのおいしさなんです。「ぷっちょ」などで有名なUHA(ユーハ)味覚糖のお菓子工場の周りには、いろんな香りが漂っています。

 奈良県中西部の自宅から県北へ出かける時、いつもこの工場の横を通る。そして、必ずといっていいほど、甘酸っぱい香りを感じる。お菓子のものらしいけれど、ハッカかな、ブドウかな、それともイチゴ? 20年以上前からずっと気になっていたので、その工場、大和郡山市今国府町(いまごうちょう)にあるUHA味覚糖奈良工場を訪ねた。

 「あの香りはどんなお菓子の香りですか?」と聞くと、森田啓之(ひろゆき)工場長(48)は「いろんなものがあります。その日その時で違います」。ここではキャンディー、グミ、スナック、ラムネなど、同社製品のほとんどを生産している。その日によって製品の種類や生産量が違うので、香りも一定ではないという。

 「建物の中も、フロアによって香りが変わってきます」。これも各階で作っている製品が違うからだ。

■味覚糖陀羅尼…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら