[PR]

 貴乃花親方(元横綱)の戦いが終わった。「ゼロからのスタート」という本人の言葉通り、「平年寄」からの再出発。会社で言えば平社員に格下げになった。

 独り相撲で、墓穴を掘ったイメージだが、角界のためになったことが一つあると思う。それは暴力について、皆が本気で追放する意識を持ったことだ。

 「暴力は大嫌い」という八角理事長(元横綱北勝海)も、以前から暴力根絶を訴えてきた。だが、その方針が末端まで厳格に伝わっていたか、というと怪しかった。「しょせん暴力はなくならない」との見方は根強くあった。

 ところが、元日馬富士の傷害事件以降続いた不祥事の中で、貴乃花親方の存在がマスコミに注目され、角界は厳しい視線にさらされた。公益財団法人としても暴力を許すまじの論評が相撲界内、外で定着した。

 この日も暴力を振るった2力士が、通常より厳しい1場所出場停止の処分になった。前例より重いが、今後はこれが基準になって認識されていくだろう。

 貴乃花親方の行動は批判されるべきことが多い。しかし、そこから生まれた暴力を許さない風潮は角界に定着して欲しい。(竹園隆浩)