私服姿の藤井六段、「趣味」の詰将棋で浮かべた笑顔

有料記事

村瀬信也
[PR]

 イスに座った藤井聡太六段(15)は、左手で消しゴムをくるくると回転させ、「試験」の開始を待っていた。スタッフの「始めてください」の声と共に、用紙を裏返し、詰将棋の図面を食い入るように見つめ始めた。

 詰将棋をいかに正確に、早く解くかを競う第15回詰将棋解答選手権(同選手権実行委員会主催、朝日新聞社など後援)のチャンピオン戦。25日に東京、大阪、名古屋の3会場で開かれた。藤井六段は名古屋会場での参加となった。

 第1ラウンドと第2ラウンドがあり、制限時間は各90分。39手詰めまでの問題が5問ずつ出題される。藤井六段は3年前、まだプロ入りする前の小学6年の時に史上最年少で初優勝。昨年まで3連覇中で、今年も優勝候補の大本命だった。

 第1ラウンド。運営側はとび…

この記事は有料記事です。残り1331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント