[PR]

 スーパーで鶏肉をよく買う。ムネ肉をゆでてパンに挟んだチキンバーガーは、我が家の定番料理だ。そういえば、精肉売り場に並ぶ鶏肉は、ほとんどが国産だ。牛肉や豚肉には輸入品がたくさんある一方で、冷凍するとうまみが逃げやすい鶏肉は、長時間の輸送に適さないと言われる。だが、住商フーズは5月から、トルコ産の鶏肉の本格的な輸入・販売を始める。国産の鶏肉ばかりだった売り場の光景が変わるかもしれない。

     ◇

 日本政府がトルコ産の鶏肉の輸入を解禁したのは2017年9月。鳥インフルエンザの影響で中国などからの輸入ができない状況が続き、安定的な供給を可能にするために、新たな輸入元が必要になったのが解禁の理由だ。輸入元が拡大される流れを見越し、約3年前から準備していたのが住商フーズ。担当者がトルコ中を回り、日本人の舌に合った鶏肉の生産ができる農家を見つけ出した。

 もともとトルコでは養鶏が盛ん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも