[PR]

 自宅で母親(86)を殴ってけがを負わせたとして、警視庁は30日、東京都板橋区高島平2丁目、無職上原雄次容疑者(57)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。上原容疑者は「言うことを聞かないので素手やスリッパで殴った」と容疑を認めているという。母親の玲子さんは現場で死亡が確認された。同庁は遺体を司法解剖して暴行との因果関係を調べる。

 高島平署によると、逮捕容疑は19~29日、玲子さんの顔を殴るなどして全治不明のけがを負わせたというもの。上原容疑者は、玲子さんが1週間ほど前から歩行が難しい状態になっていた、と説明。29日午前11時ごろ、玲子さんがぐったりしていることに気付き、自ら119番通報した。玲子さんとの2人暮らしだったという。