[PR]

 尾道商工会議所が、100年以上続くお店を紹介した「尾道百年店舗」マップを作った。中世から栄えてきた商都尾道を観光客らにアピールするとともに、まち歩きの参考にしてもらう狙いだ。

 たたむとA4判になる観音開きの8ページで、中心市街地にある老舗30店を紹介し、場所が分かるよう地図も載せた。商議所の創立120周年を記念して6年前にも作ったが、その後、創業100年を超える店舗が増えたため新しくした。

 老舗の中には創業400年以上の店も。最も古いのは1573(天正元)年創業の「天満屋薬局」(十四日元町)。現店主が18代目で、1907(明治40)年に尾道で電話交換業務が始まった時に電話番号1番となったと説明書きにある。食酢メーカー「尾道造酢」(久保1丁目)は1582年(天正10)年の創業で、これに次いで古い。

 尾道港は来年で開港から850…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら