[PR]

 南阿蘇村河陰の外輪山の牧野に、ぽつんと立つ大木「観音桜」が30日、満開を迎えた。阿蘇の山々を背にした景色が美しく、静かな名所になっている。

 高さ7メートルで、枝は東西17メートル、南北19メートルに広がる。樹齢100年ほどの古木で、近くに馬頭観音がまつられていることから命名された。以前は、並木道だったが、枯れてこれ一本だけが残ったという。熊本地震で中心部分の枝が折れたが、立派に花を咲かせた。

 村では一心行の大桜など4カ所を結んで4月8日までスタンプラリーをしている。(東野真和