[PR]

 小諸市の魅力を紹介した観光PR動画「小諸で待ってる」が好評だ。同市を舞台にしたテレビアニメ「あの夏で待ってる」(2012年放映)の人気声優がナレーションを担当。3月17日にユーチューブで公開して以来、再生回数は計2万8千回を超えた。

 一般社団法人こもろ観光局が、外国人誘客に取り組む「おもてなしICT協議会」(東京)が制作した映像などを基に編集した。懐古園などの観光スポットのほか、伝統文化、四季の自然などを紹介した4編とダイジェスト版2編。各2~3分で「詩情あふれる高原の城下町」の魅力をアピールしている。

 ナレーションは「なつまち」で主人公を演じた島崎信長さんと、同級生役の阿澄佳奈さん。ともに若者を中心に人気の声優で、ツイッターなどで「ナレーションすごく良かった!」「暖かくなってきたし、小諸に行かないと!」と話題になっている。

 同局の調べでは、小諸市の認知度は首都圏の60歳以上で9割を超える一方、18~39歳は3~4割台。PR動画は、若者や軽井沢を訪れた観光客を主なターゲットにしたという。(土屋弘)