[PR]

 米フェイスブック(FB)が29日、11月の米中間選挙に向けて新たなフェイク(偽)ニュース対策を発表した。2016年の大統領選で偽ニュースが拡散した反省に立ち、偽ニュースが拡散する前に防いだり、広告主を明らかにしたりするなどの対策を講じる。

 FBの幹部らが電話会見で明らかにした。機械学習を使い、怪しげな動きをしているアカウントなどを早期に把握して削除することで、偽ニュースの拡散を防ぐ。すでに3月上旬のイタリア総選挙などで導入し、成果を上げたという。

 また、米中間選挙では、政治広告を出す広告主について、実際に米国内に所在していることを確認した上で掲載するなど、外国からの不当な介入を防ぐ。偽ニュース対策は米国外でも進めており、各国の報道機関などと連携してファクトチェックを強化するという。

 さらに、今夏には掲載から4年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら