[PR]

 図書館、小中学校、公衆浴場――。炭鉱で栄えた地域の生活を支えた施設は次々に閉鎖され、いずれも2~3メートルの積雪で入り口がふさがれていた。

 3月上旬、2007年3月に財政破綻(はたん)した北海道夕張市を訪れた。11年間で人口は3割減少し、町はすっかり疲弊していた。

 かつて多くの炭鉱労働者が住んでいた市営住宅は、電柱が傾き、窓ガラスが割れていた。昼間でもJR夕張駅前や商店街に人影はなく、車で移動していても対向車線の車とすれ違うことはほとんどない。

 JR北海道の経営難により、夕張駅を通る石勝線夕張支線は来年4月で廃止される予定だ。駅の近くで喫茶店を営む女性は「駅の利用者はわずかだし、あまり影響はないと思う」と話す。

 公園、プール、テニスコート、公衆トイレ、老人ホーム、市民会館。廃止された施設は多岐にわたり、住民サービスはことごとく削られた。喫茶店の女性は言う。「役所に頼らず、自力で何とかする。私たちはそうやって11年生活してきた」

 市役所に向かうと、玄関の床に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら