[PR]

 長崎市南山手町の大浦天主堂の敷地内に1日、「キリシタン博物館」が開館した。旧羅典(らてん)神学校と旧長崎大司教館を活用したもので、潜伏キリシタンの信仰の道具や日本のキリスト教の歴史を紹介したパネルなど130点が展示されている。

 この日、博物館の前で開館式があり、開設に携わった人や宗教関係者など30人が参加。カトリック長崎大司教区の高見三明大司教は「信者ではない方にも、キリスト教が長崎で大きく成長したことを知っていただきたい」などと話し、建物に聖水をかけて「祝福」した。参加者はその後、館内を見学し、展示品の数々に見入っていた。

 1622年に長崎の西坂で起きた殉教を描いた絵画「元和の殉教」は以前、大浦天主堂に掲げられていたもので、修復を経て、旧大司教館3階に移された。修復に携わった諫早市の「たけのした工房」の竹ノ下磨須子さんも、この日参加。博物館に掲げられた絵画を見て、「キャンバスが汚れたり破れたりしていたが、きれいになってよかった。歴史的で貴重な資料だと思う」と感慨深げに話した。(田部愛)