[PR]

 九州電力の玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の配管から蒸気漏れがあったトラブルで、同社は1日午後2時20分から、問題の部分の点検を始めた。詳しい状況や原因などを調べる。3月30日夜、放射性物質を含まない水などが循環する配管の一部で微量の蒸気漏れが見つかり、31日朝に発送電を止め、熱が冷めるのを待っていた。