[PR]

 タレントで映画監督のビートたけし(北野武)さんが、27日と5月4日、東海地方のローカル番組に出演する。制作する東海テレビ(名古屋市)によると、たけしさんが東海ローカルの番組に出演するのは「この30年間で初めて」という。

 番組で訪れたのは、駆け出し時代に出演した大須演芸場、中日ドラゴンズの本拠だった「ナゴヤ球場」や、ドラファンが集う中華料理店「ピカイチ」、世界の名車を多数展示する「トヨタ博物館」など。

 ロケ地として選んだのにはいずれも理由がある。たとえば、明治大の同期で親交があった元中日監督の故・星野仙一さんゆかりの場所だったり、かつてF1の設計がしたかったという横顔にちなむものだったり。

 東海テレビの戸松準プロデューサーは「たけしさんに楽しんでもらえるところを選んだ。名古屋人にとっても、見たことのある風景にビッグネームの方がいるというのは、なんとなくうれしいと思うんですよ」と話す。

 たけしさんの出演は、開局60周年の節目を盛り上げようと、昨夏から準備を進めていたという。「スタジオバラエティーではなく、ロケの姿が見られるのは貴重だと思う」と自信をのぞかせる。

 「ナゴヤにたけしがやって来た!」は、両日とも午後7時から。元中日投手の山本昌さん、SKE48の松井珠理奈さんと須田亜香里さんら、名古屋ゆかりの有名人も登場する。(原知恵子)