写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 赤ちゃんの股関節は柔らかく、生まれたときに脱臼していたり、発育の過程で脱臼したりすることがあります。最近は、数が減っている半面、発見が遅れるケースも目立っているようです。保護者は何に注意すればいいのでしょうか。

痛みなく、気づきにくさ原因に

 赤ちゃんの股関節脱臼は、早期に見つければ、装具で固定する治療で多くは治る。しかし、脱臼していても痛がるわけでも、脚が動かないわけでもないので、気付きにくい。治療が遅れ、股関節が外れた状態で成長が進むと、入院治療や手術が必要になる。大人になっても股関節の疾患など影響が残ることもある。

 多くは、骨格や関節の柔らかさなど身体的な要因に、出生後の環境が重なって生じるとされる。赤ちゃんの脚は、M字の形(カエルの脚のかっこう)に開いているのが自然な状態。おむつや衣服による締め付けや不自然な抱き方などで「脚がまっすぐ伸びた状態」になることが脱臼の要因になる。

 日本小児整形外科学会などによると、1970年代以前は珍しくなかったが、予防の啓発や脚が動かしやすい紙おむつの普及で10分の1に激減。発症の割合は千人に1~3人になったという。

 ただ、3~4カ月健診で多くは見つかっていたが、近年は発見が遅れるケースが目につくという。

■症例が減り、医師の経験…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら