[PR]

 中国政府は、米国からの輸入品128項目に2日から最高25%の高関税をかけると発表した。米トランプ政権が、中国産の鉄鋼とアルミニウム製品に新たな関税をかける措置を発動したため、報復に踏み切った。本格的な米中貿易戦争への懸念が強まりそうだ。

 中国財務省が1日付の通知で公表した。中国は米国から輸入する果物やワイン、シームレス(継ぎ目なし)鋼管など120項目に15%、豚肉など8項目に25%の税率を上乗せする。高関税の対象になる米国産128項目の2017年の総額は、3月下旬の発表時点で約30億ドル(約3100億円)にのぼるとされる。

 米国は、鉄鋼とアルミ製品の自国への輸入で安全保障が脅かされているとして、3月23日から、中国や日本からの輸入品に高関税をかけている。

 中国財務省と商務省の説明によ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら