[PR]

 大手検索サイト「グーグル」の撮影機材を積んだ車が大分市の繁華街にあるアーケードを走行したとして、大分中央署が運転していた男性に道路交通法違反(通行禁止)の疑いで交通反則切符を交付していたことが2日、わかった。

 車は町の風景を閲覧できるストリートビュー用の画像撮影をしていたとみられる。

 署によると、男性は3月30日午前11時半ごろ、大分市中央町の商店街「ガレリア竹町」周辺の歩行者専用道で、警察の許可を得ずに乗用車を運転した疑いがある。

 竹町通商店街振興組合によると、車はアーケード内を5、6分走り、車道に出ていった。けが人は確認されていないという。車で走行するには組合の同意も必要だったが、グーグルはもらっていなかった。3月29日に同社から組合に「商店街を徒歩で撮影したい」と連絡があったが、回答を留保していたという。

 アーケードには年に2、3回、高齢者や県外の人が運転する車が過って侵入することがあるといい、同組合が注意を呼びかけている。(小林圭)