[PR]

 新年度になりました。学校のPTAも新しい加入者を迎える時期です。本来は入退会自由。でも、入るときに意思確認がなかったり、半ば強制的だったりするケースもあり、保護者からは疑問視する声も出ています。

 東京都内の女性(47)は昨年12月、次女が今春入学予定の中学校のPTAから「加入についてのお願い」という文書と「加入同意書」を受け取った。同意書には「原則全保護者に加入していただく」と記載されていた。

 1月に開かれた新入生向けの学校説明会では、この加入同意書と引き換えにする形で、学校説明の資料が渡された。PTAの会長は、簡単に活動内容を説明した後、「入学式の写真撮影の後で役員決めをするので心づもりを」と呼びかけた。女性は、手を挙げて「入退会は自由のはずです」と訴えたが、近くに座っていた女性から「そんなの個別にやりなさいよ」とたしなめられた。

 散会後、女性に近づいてきた会長は、PTAの重要性を説き、「あなたもお母さんなんだから」と繰り返した。

 女性は、PTA活動とは関係ない学校の図書館の手伝いや猫を保護するボランティアをしている。活動は楽しく、仲間ともいい関係だ。「やりたい人が自発的にやるから、みんなが楽しくできる。PTAは強制的だから『いやいや』になってしまう」と感じている。

■意義が分かる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら