[PR]

 埼玉県鶴ケ島市で昨年11月、小学6年の女児(当時11)が自宅敷地内で死亡し、市教委の審議会がいじめを受けていたと認定した問題で、県警は同級生でいずれも12歳の少女2人が不当な金品要求をしていたとして、児童相談所に通告した。3月26日付。

 死亡した女児は自宅2階から飛び降りたとみられている。県警によると、2人は昨年9~11月に複数回、女児とコンビニに行き、菓子や飲料代を支払わせていたという。市のいじめ問題調査審議会は、今年3月27日にまとめた報告書で「女児に対するいじめがあり、死亡との関連性が認められる」としていた。

 浅子藤郎・市教育長は「非常に重く受け止める。私たちにも事前にいじめを把握できなかった反省すべき点がある」と話した。