[PR]

 「実行力のあるリーダーをスケッチしてください」と求められたら、ほとんどの人は男性を描くだろう――これは英ウォーリック大学の組織行動学教授ティナ・キーファーが2005年、英語をあまり話せない実業家のために開いたワークショップ中、ふとしたことから見つけ出した一つの事実だった。

 以来、リーダー像を描いてもらう彼女の実験は、世界中の組織心理学者が採用するようになった。してみると、男性でも女性でも、ほとんどは男性を描くのだった。

 「たとえ描かれたスケッチがジェンダー(性別)の区別がつかないものであっても、実験の対象となったグループのほとんどの人は、ニュートラルとか女性を示す言葉より『彼』といった男性を表す言葉を補足している」。キーファーはメールでそう伝えてきた。しかも、性別不明のスケッチ自体、きわめて少ない。何人かの研究者はさらに調査を進めることにした。すなわち、人びとのジェンダーに関する無意識の思い込みが、新たなリーダーを認める際にどう影響するのか?という問題だ。

 その研究に取り組んだ成果は、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも