[PR]

 まずは母親の負担を減らすこと――。小学生がしたいスポーツをできる課題を探った調査で、そんなポイントが浮かび上がった。

親の負担でスポーツやめるケースも

 笹川スポーツ財団が、小学生の第1子を持つ全国の母親を対象に、スポーツ少年団や民間のクラブでの活動など、子どものスポーツへの関与の実態や意識などを聞いた。2368人から回答を得て、昨夏に概要を発表、今年3月、さらに詳しい報告書を出した。

 それによると、子どもがスポーツをしていない場合、その理由は「送迎や付き添いの負担」が54%でトップ。小学1~3年で割合が高くなり、低学年が親の事情に左右されやすい。世帯年収別でみると、400万円未満は62%、800万円以上は39%。厳しい経済事情が、親の時間的余裕のなさにも影響を与える状況が浮かび上がった。また、スポーツをしない理由として「係や当番の負担」を挙げた母親も48%いた。

 スポーツをやめた理由も「子ど…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら