【動画】「光進丸」の火災を受けて、加山雄三さんが会見=坂本進撮影
[PR]

 歌手の加山雄三さん(80)が2日夜、東京・羽田空港で記者会見し、静岡県西伊豆町の漁港で自身のクルーザー「光進丸」が全焼した火事について、謝罪した。加山さんは始終うつむきながら、「地元の方にご迷惑をおかけして申し訳ない」と繰り返した。

 1964年に初代「光進丸」を保有し、現在の船は3代目。「光進丸」という曲を作るほど思い入れが深かったといい、「相棒を失った。つらい」と心中を吐露した。

 冒頭発言と主な一問一答は次の通り。

冒頭発言

 私の愛する光進丸がこんなことになりまして、ファンの皆さん、各方面の方々、多くのご心配とご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げます。安良里という村の皆さんに大変なご協力とご心配をかけたことを、重ねておわび申し上げると同時に、皆さん協力して下さっていることに心から感謝いたします。

 海上保安庁、警察、あと消防の皆さん。24時間徹して消火をして下さっています。心から感謝申し上げます。本当に残念ですし、いろんなご心配をおかけしたこと、大変申し訳ございません。これほど悲しいことはない。これが私の本心です。

 長いこと私を支えてくれて、多くの幸せを与えてくれて、あの船からたくさんの曲が生まれて、大勢の方々と一緒に楽しい時間を持てました。思い出は山ほどです。自分の半身を失ったぐらいつらいです。長い間の相棒がこんな形で消えていくというのは、本当につらいです。

一問一答

 ――火災を知った経緯は

 ちょうど昨日、コンサートが終…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら