[PR]

 これから新入生歓迎の飲み会シーズン。短時間での多量の飲酒を体験した大学生は、そうでない学生と比べて飲酒時の転倒などけがのリスクが25倍も高い――。筑波大学の調査ではそんな結果が出ている。未成年の飲酒はもちろん禁止だが、「イッキ飲みなど過剰な飲酒は、急性アルコール中毒だけでなくけがをする危険も高くなる」と注意を呼びかけている。

 筑波大学医学医療系・吉本尚准教授(地域総合診療医学)らの研究グループが昨年、発表した。20歳以上の大学生・大学院生計2177人の2013年の健康診断での回答を分析した。

 短時間の多量飲酒のことを「ビンジ飲酒」と呼び、国際的な飲酒量の目安のひとつになっている。今回の調査では、「2時間に男性なら純アルコール50グラム以上、女性なら同40グラム以上を摂取した場合」を「ビンジ飲酒」と定義した。

 過去1年間に、こうしたビンジ飲酒の経験をたずねたところ、1回以上経験していたのは、男性693人(約57%)、女性458人(約48%)だった。

 また、飲酒した関連での骨折や打撲などのけがを過去1年間に経験したのは107人(約5%)で、このうち104人(約97%)がビンジ飲酒を1年間に1回以上経験していた。ビンジ飲酒をしていない学生と比べ、飲酒関連のけがの経験は25・6倍だった。

 吉本さんは「海外の先行研究で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら