[PR]

 4月。進学や就職、転勤などを機に新しい生活を始めた人も多いだろう。そんなとき、最初に気をつけたいのは睡眠時間。心身とも健やかに過ごすには規則正しく生活し、よく寝ることが大切だ。だけど、これがなかなか難しい。

 総務省の2016年の社会生活基本調査によると、日本の人々の1日の睡眠時間の平均は7時間40分。経済協力開発機構(OECD)の国際調査と見比べると世界最短レベルだ。

 睡眠の医学に詳しい国立精神・神経医療研究センターの三島和夫医師は「睡眠がどれだけ必要かは個人差がありますが、多くの人が寝不足なのは明らか。にもかかわらず、寝不足になっているという認識が薄い」と言う。「日本で、電車で居眠りするのは治安が良いからだと言われますね。でも、本当の原因は寝不足。公共の場でうとうとするのは尋常ではないのです」

 寝不足かどうかは、多くの人は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら