[PR]

 犬や猫を劣悪な環境で飼育する繁殖業者などが問題になる中、俳優の浅田美代子さんらが3日、中川雅治環境相と面会し、繁殖業者を登録制から免許制にするなど、動物愛護法を改正するよう求めた。約16万7千人分の署名を提出した。

 浅田さんらは、繁殖業者を免許制にする規制強化や、虐待を受けるなど不適切に飼育されている犬や猫の保護制度の導入などを要望した。

 面会には超党派の国会議員でつくる「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」の13人も同席した。浅田さんは「繁殖業者を規制しないと不幸な犬や猫は減らない」と話している。