写真・図版

[PR]

 血中のLDLコレステロールが増えて、心筋梗塞(こうそく)などを招きやすくなる脂質異常症。一般的にはスタチンという種類の薬でLDLを下げるのが治療の柱だが、75歳以上の高齢者にもメリットがあるかについて十分なデータはない。どんな人に、どんな対応が望ましいのか。

他の持病も考慮 主治医が判断

 横浜市の女性(85)は最近の検査で、LDLの値が180ほどだった。脂質異常の基準とされる「140以上」と比べてもかなり高い。でも女性は、LDLを下げる薬スタチンをのんではいない。

 女性は血圧も高く、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)にもかかっていて、降圧剤や骨が弱るのを抑える薬など7種類をのんでいる。主治医の永井医院(横浜市)の永井一毅院長は「スタチンを加えると、LDLが下がる利益よりも、副作用やのみ間違いによる事故といった害の方が大きい」と話す。

 LDLは増えすぎると動脈硬化の原因になり、心筋梗塞などのリスクを高める。国内の10の研究をまとめて解析した結果だと、コレステロールが高い70~89歳の男性が心筋梗塞などの「冠動脈疾患」で亡くなるリスクは低い人の2・8倍だった。高齢者でも、脂質異常を放置するのはよくないようだ。

 74歳までの人は、まず運動や食事の改善を試み、うまくいかない場合はそれぞれの状態に応じてスタチンを中心とした薬を使うのが一般的だ。一方、75歳以上で過去に冠動脈疾患を起こしたことのない人では、スタチンをのんでも予防に役立つという十分なデータがない。日本老年医学会が昨秋に示した、高齢の脂質異常症を対象とした診療ガイドラインは、こうした人にスタチンを使うかは「主治医の判断」としている。

 75歳以上の高齢者はとりわけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら