[PR]

 昨年10月の衆院選の選挙運動中、有権者らにおにぎりを配ったとして、福島県警が公職選挙法違反の疑いで、福島市議の宍戸一照氏(67)から任意で事情を聴いたことが捜査関係者への取材で分かった。同法はお菓子やお茶を除き、候補者やその支援者が有権者に飲食物を提供することを禁じている。

 関係者によると、衆院選が公示された昨年10月10日、宍戸氏は候補者が演説をする福島市郊外に県産米で作ったおにぎりを用意。応援に訪れ、その場で第一声を上げた安倍晋三首相らが試食した。演説終了後、数十個のおにぎりが余ったため、宍戸氏は「ご自由に食べて下さい」と集まった有権者らに勧めたという。

 宍戸氏は朝日新聞の取材に「県産米のPRになればと思っただけで、投票を呼びかけようとは思っていなかった」と話した。

こんなニュースも